お肉は良質なたんぱく質の供給源

お肉は良質なたんぱく質の供給源
人間の体は、約10万種類ものたんぱく質でできています。筋肉も皮膚も髪の毛も、すべてたんぱく質です。自然界には数百種類のアミノ酸が存在していますが、人間の体を作るために必要なたんぱく質はそのうちの20種類です。生きていくうえで必要なアミノ酸を、効率よくとるにはどうしたらいいのでしょうか。

 

必須アミノ酸は食べ物からとる

人間に限らずすべての生き物は20種類のアミノ酸を体内に入れなければ、生きていけません。肉や魚を食べて摂取したたんぱく質は、体内で人体を構成する20種類のアミノ酸に分解されます。体内に栄養素として吸収されるのは、アミノ酸の状態に変化してから後です。20種類のうち9種類は、必須アミノ酸で、肉や魚介類、卵、乳製品、大豆、米、野菜類などからとり入れます。なかでもバランスよく取れるのは、肉と魚介類の動物性タンパク質からです。必須アミノ酸は体内で合成ができないので、食品として食べるしかありません。それぞれ名前がついていて、イソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、スレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンです。

 

非必須アミノ酸も食品でおぎなう

必須アミノ酸に対して、残りの11種類は、非必須アミノ酸といいます。誤解を受けがちですが、非必須というのは「必要でないアミノ酸」という意味ではありません。非必須アミノ酸は体内で重要な働きをしていますが、合成ができます。しかし不足しがちなので、意識して食品から取ったほうがいいという意味です。11種類の非必須アミノ酸はグリシン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン、アルギニン、システイン、チロシン、プロリンです。非必須アミノ酸は、必要量が増えれば体内にすでにあるたんぱく質を分解して、合成されます。そのためたんぱく質全体の摂取量が足りていないと、体内に蓄えてあったたんぱく質がどんどん分解されてしまいます。その結果、たんぱく質が足りない状態になるのです。

 

たんぱく質は毎日食べよう

たんぱく質は体を動かすエネルギー源でもあり、筋肉や内臓、血液をつくります。各種のホルモンや酵素、遺伝子、免疫抗体の成分もたんぱく質です。お肉は良質なたんぱく質の供給源ですから、毎日少しずつでも食べるのがベストです。ただし、たんぱく質は食べすぎると、腎臓に負担がかかります。バランスを考えて、適量(牛肉なら、自分の手のひらと同じサイズ)を食べるようにしましょう。